NEWS

予約システム 暗号化方式「SSL3.0」の脆弱性への対応について(ご案内)

2015.4.26

インターネットによる通信で使用される暗号化方式「SSL 3.0」に脆弱性が発見され、「SSL 3.0」を使用している場合、悪意の第三者からの攻撃により通信の一部が第三者に漏えいする可能性があることが報告されています。 (ご参考IPA https://www.ipa.go.jp/security/announce/20141017-ssl.html)
本施設予約システムでは「SSL 3.0」の脆弱性への対応として、サーバ側でSSL3.0を無効とし、本脆弱性の影響を受けない暗号化方式「TLS」に対応しております。「TLS」をご使用いただくことで安全な環境下で施設予約がご利用いただけます。

このページのトップへ戻る